どうする?どうなる?遺産相続

遺産相続は、被相続人が亡くなると同時に発生します。

 

生前に蓄積された財産は、正の財産、負の財産も含め、相当規模に及ぶ場合があります。そのため、税金の面でも、財産の一部を物納するほどの大きな負担を強いられることもあります。また、大きなトラブルの要因となるのが、相続税の申告漏れです。遺産の内容をしっかりと把握することは非常に困難なため、申告漏れが起こる場合があります。中には、相続財産を多く取得したいと考え、財産の一部を故意に申告しない人もいます。

 

このような場合、相続財産の存在が後々になって発覚し、申告漏れとしてペナルティーを受けることになります。過少申告加算税、重加算税、延滞税など、非常に大きなペナルティーを強いられることになります。このような申告漏れは、うっかりミスでも発生します。申告漏れがあった場合、税法上の問題と同時に、民法上の問題も発生し、遺産分割協議や財産分与のやり直しすら起こります。まかり間違えば、刑事事件にもなりかねません。

 

そのため、申告漏れがないように、しっかりと遺産の内容について理解し、後々のトラブルがないようにすることが必要となります。場合によっては、各種士業を有効活用し、法的なアドバイスを受けることも必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check