財産の一部を先に分割する

2014.10.14|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

被相続人の死去で相続が開始され、相続人達による遺産分割協議が始まってすぐには協議がまとまりません。それですべての遺産の分割割合を決めてから分割をした方がいいけど、それだと時間が掛かり過ぎるということで、財産の一部分割を先にすることにしました。

 

 

ある程度の財産を分割を進めておいた方が、話し合いがしやすいということで相続人全員が納得しましたが、この方法には注意点が有ります。先に分割しやすい物を分割していれば、残っている分割しにくい財産の分割の調整がしにくくなります。調整がしにくいとなると話し合いが長引くことになります。

 

 

そして調整が出来なければ家庭裁判所に訴えての調停にまで発展します。だから現金みたいな分割の調整に使いやすい物は分割しないで出来るだけ残して置くべきです。そして一部分割でも公正証書の作成をしておかないと、後で分割がきちんと実行されなかった場合や、分割の変更などがあったら、トラブルの元になります。だから公正証書の作成は必然です。

 

 

財産の一部分割を先にしてしまえば、遺産分割協議も進めやすいけど、急いで分割して配分すればそれはそれで、また問題になりますから、出来るだけ揉めないように配分をする必要が有ります。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。