個人事業主が亡くなった場合

2014.10.14|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

どんな人間にも必ず命が尽きる時はやってきますが、その時に対して様々な準備をしておく必要はもちろん大切な事ですが時にはその時が突然訪れる事も有ります。例えば個人で会社を経営している人でも突然の事故や病気で亡くなった場合は、相続財産は基本的に法定相続人である配偶者や子供に相続されますがその際にはもちろん会社の事業継承も行われ会社の代表が相続人に変わる事になります。

 

 

uketuke01_lその時に注意しなければいけない事は会社の事業継承の際に発生するのが、消費税納税義務も当然発生しますので特に手続きは経営権の名義変更以外は必要有りませんが消費税は事業者が払う義務が有りますので、事業継承した時点で消費税の清算を行いその後も売り上げに沿った消費税を支払って行かないといけません。

 

 

個人事業種の遺産相続の時は一般の遺産相続と比較しても複雑な手続きが多く、特に事業の経営権は相続財産の分割が出来ませんので基本的には本人の意思表示が無い場合は優先優位が最優先の人が権利を継承するケースが多いですから、もし経営権を継承した時には相続税の手続きの他にも経営権に関する名義変更の手続きを速やかに行い、消費税納税義務を忘れずに事業を引き継がないといけません。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。