生前贈与でも相続財産に含まれるもの

2014.10.14|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

相続税を安くするための対策として生前贈与があります。しかし、被相続人が重病になるなど、余命が短いことが明確になってから生前贈与を行って相続税を安くしすぎることを防ぐため、被相続人の死亡からその3年前までの間に贈与を受けた財産についても相続税がかかるようになっています。この対象となるものは3年前までの間に贈与された財産全てが対象となるため、基礎控除額に含まれる110万円も全額が相続税の対象になります。ただし、生前贈与の際に発生した贈与税分は相続税から控除されるようになっています。

お金03
また、贈与税には相続時精算課税という方法も選択でき、65歳以上の親から20歳以上の子の贈与であればこれを適用することができます。現在の制度では2500万円以下であれば特別控除となり、これを超えた額に対して20%の税率がかかります。なお、相続時精算課税では被相続人が死亡した際に、この制度を選択した後の財産にこれを適用した財産を加算した上で税金を再計算します。この場合、選択した時期が死亡の3年より前であっても全額が加算対象となり、特別控除額の2500万円分も加算されます。ただし、相続時精算課税の選択時に発生した贈与税は控除されます。そのため、結果的に課税対象額としては変わりがありませんが、加算額は贈与時の評価額になるため、贈与後に評価額が上がる可能性がある場合は有利です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。