相続財産の調べる方法

2014.10.14|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

被相続人である人物が死亡した場合、その人物が所有していた財産は遺産として法定相続人の手に渡ることになります。その際には、相続した財産の価値に応じて相続税が課税されることになります。法定相続人が遺産を相続した場合、相続税の額を算出するために所定の手続きをしなければなりません。そのためには被相続人が残してくれた遺産のすべてについて調査を行い、法定相続人が相続財産の内容や価値について詳しく知っておく必要があります。

 
被相続人が生存中にあらかじめ財産目録を作成しているようであれば、そこに記載された内容を元に相続の手続きをすればいいのですが、財産目録が作成されないまま被相続人が死亡した場合、法定相続人は協力して財産目録を作成するために財産調査を行わなくてはなりません。

 
財産目録に記載される内容としては不動産や預貯金などのプラス財産だけではなく、金融機関からの借入などのマイナスの財産もきちんと記載する必要があります。相続の際にはプラス財産だけではなく、マイナス財産も相続することになるため、その点には注意が必要です。もしも、被相続人がマイナス財産を残しているような場合、相続放棄をすることによって金融機関からの借入のような債務の返済義務を回避することができます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。