遺言書がある場合

2014.9.25|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

syuttyo01_l目の前に無償で手に入る財産があれば相続争いに発展する可能性は高くなります。

 

しかし遺言によって故人の意思を整理して相続人に言い残せばそんな心配もありません。遺言には3つの方法があります。自筆証書遺言は、証人が不要なため一人でも作成できます。また、遺言したことや内容は秘密にでき、自分で作成できるため費用はほとんどかかりません。しかし、自筆が条件のためワープロや代筆は認められず、要件を満たさない遺言は無効になる危険があります。

 

また第三者によって変造や偽造されるリスクがあり、紛失のおそれもあります。しかも家庭裁判所の検認手続きが必要です。公正証書遺言は、自筆証書遺言のように要件不備の不安がなく、確実な遺言が行えます。また、第三者によって変造や偽造される危険性がありません。字の書けない人も利用でき検認の手続きは必要はありません。ただし公証役場の手数料と証人依頼代など費用がかかり、遺言の存在と内容が第三者(公証人、証人)に知られてしまいます。秘密証書遺言は遺言内容を死ぬまで秘密にしたいときに使う方式です。

 

遺言者が署名、押印した遺言書を封筒に入れ、同じ印鑑で封印して、公証人と証人の前に提出します。遺言書が保管するので紛失の可能性があり、要件不備のため無効になるリスクは自筆遺言証書と変わりありません。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。